注目の記事

消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声

19日の消費者委員会・食品表示部会では、消費者庁から機能性表示食品制度の積み残し課題検討会の報告書案についての説明もあり、委員からは分析法を原則公開とすることを評価する声が挙がった。


「ぜひグレーゾーンをなくしてほしい」との要望に対し、消費者庁食品表示企画・・・

(詳しくは12月20日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. ヤクルト本社、セブンイレブン限定品の販売店舗拡大
  2. 農商工連携や地域資源活用、藍やナマコ等でサプリ開発
  3. マイナスイオン応用フォーラム、ケイ素の健康効果など報告
  4. 健食転売で「月100万儲かる」都センが注意喚起
  5. 三重県、東京五輪向け「野菜機能性」分析事業
  6. 都のサルコペニア・フレイルセミナーに1300人 予防法伝授
  7. 特保4品許可、計1275品に
  8. ロコモ認知度47%に上昇、「頭打ち」指摘も
PAGE TOP