注目の記事

農水研究10大トピックスにミカンの機能性

農林水産省は20日、2016年の「農林水産研究成果10大トピックス」を選定したと発表した。


「機能性」関連は1つで、「β-クリプトキサンチンで生活習慣病の発症リスクの低下を実証~ウンシュウミカンの消費拡大に期待」が選ばれた。
農研機構が浜松医科大学、浜松市と共同で、10年間の疫学調査により、・・・

(詳しくは12月22日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)

関連記事

  1. 日本バイオコン、国内製造ウマプラセンタの供給開始
  2. アフリカ素材のバオバブ、コカ・コーラが採用
  3. RJ公取協、機能性表示食品で健食団体と連携へ
  4. ネット好調、通販市場7兆円に迫る プラットフォーム系牽引
  5. 消費者庁、ライオンの特保表示に勧告 健増法に抵触
  6. EFSA、砂糖の健康影響評価に着手
  7. 森永製菓と森永乳業、経営統合見送りに
  8. 米国の新製品、4品に1品が「グルテンフリー」
PAGE TOP