注目の記事

消費者庁、健食等ネット表示で改善要請 15年度は400社に

消費者庁は(先月)26日、今年(2016年)1~3月に実施したネット上における健康食品等の表示監視の結果、健康増進法に違反するおそれのある表現があった142事業者の162品について、改善を要請したと発表した。


監視は定期的に行っているもの。「癌」「認知症」「ダイエット」「ストレス緩和」など・・・

(詳しくは12月27日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド

関連記事

  1. ネット利用者1億84万人
  2. 美容商材のビューティガレージ、鍼灸接骨院展開のアトラと業務提携
  3. VD受容体の遺伝子多型、大腸がんリスクに変化も
  4. B&Sコーポ、ホタテプラズマローゲン粉末原料供給へ
  5. 消費者委、東洋新薬の特保表示で2品評価「問題なし」
  6. お台場でアンチエイジングフェア、機能性表示PR
  7. 機能性表示239品に、イオントップバリュが2品目
  8. IHM、乳酸菌「SNK」に大腸炎疾患の炎症抑制など
PAGE TOP