注目の記事

消費者庁、健食等ネット表示で改善要請 15年度は400社に

消費者庁は(先月)26日、今年(2016年)1~3月に実施したネット上における健康食品等の表示監視の結果、健康増進法に違反するおそれのある表現があった142事業者の162品について、改善を要請したと発表した。


監視は定期的に行っているもの。「癌」「認知症」「ダイエット」「ストレス緩和」など・・・

(詳しくは12月27日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド

関連記事

  1. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  2. キューピー、酢酸菌酵素配合のサプリ上市
  3. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  4. ミルクプロテインに筋肉合成効果 明治セミナー
  5. 三生医薬、「BOTANICAP」で商標取得
  6. 沖縄製粉、「広域流通事業部」立ち上げ 原料供給強化
  7. 「納豆サイエンスラボ」設立 納豆菌でインフル予防
  8. 特保批判の週刊誌報道、有効性審査には「影響ない」
PAGE TOP