注目の記事

炭酸Ca、ステアリン酸Mgの基準改正へ

厚生労働省は21日、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会の添加物部会を開催、炭酸カルシウムとステアリン酸マグネシウムの規格基準を改正する方針を決めた。


炭酸カルシウムは、わが国では1957年に食品添加物に指定され、パン、みそ、菓子、納豆などのカルシウム強化剤として利用されているほか、醸造用水の高度剤、酒の脱酸剤、あめの中和剤といった用途で食塩に混ぜて使われる。現行では、「食・・・

(詳しくは12月27日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド

関連記事

  1. 水素商材市場、300億円突破
  2. スーパーフード下半期トレンド予測、1位はレッドフルーツ
  3. 通販受注、「スマホ」増加 富士経済
  4. 消費者委の建議、消費者庁の対応「不十分」 健食広告等
  5. 常盤植物、ビルベリーに目の疲れ・乾き改善効果 論文掲載へ
  6. カナダ、食生活が脳機能に影響 臨床実験に着手
  7. ポッカサッポロ、肌対応の機能性表示食品を発売
  8. 家計調査1月、サプリ支出7%減 4か月連続マイナス
PAGE TOP