ヘッドラインニュース

消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定


厚労省、フレイル対策を推進

政府は(先月)22日、2017年度予算案を閣議決定した。消費者庁では、モニタリング件数を増やして健康食品のインターネット広告監視を強化する。厚生労働省は健康寿命延伸に向けて、フレイル対策などに取り組む。


消費者庁の予算額は、一般会計のみで16年度比2%増の121億7000万円。新たな調査・研究機能の整備に着手し、1700万円の新規予算の中で、インターネット通販被害の背景分析などを行う。また、改正特定商取引法の執行強化で新規に6800万円を計上。事業者情報を集約する「特定商取引法執行ネット」について・・・

(詳しくは12月27日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド

関連記事

  1. 「歯科トクホ研究会」設立 新規表示の開発支援 「歯茎の健康」「口…
  2. TTC、「食とストレス」の研究開発に着手
  3. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  4. 富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 
  5. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  6. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  7. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  8. 癌学会、28日から横浜で 健食素材の有効性発表多数 フコイダン、…
PAGE TOP