注目の記事

FDA、サプリ等の有害事象データで一般公開開始

米食品医薬品局(FDA)は、有害事象報告システム(CAERS)のデータについて、一般公開を開始した。いままで同システムの情報を入手するためには連邦情報公開法に基づく申請が必要だった。


2004年1月から2016年9月のデータについてはすでにCSVファイルで公開されており、ダウンロードが可能。今後四半期ごとに更新され、公開される。
CAERSには、サプリメントを含む食品および化粧品に関して、一般消費者ら・・・

(詳しくは12月27日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド

関連記事

  1. 機能性表示、サントリーがグルコサミンで受理 日本製粉など初受理
  2. 消費者市民社会をつくる会、「機能性表示」79品の評価結果発表
  3. 三井製糖、「企業コラボ進めたい」
  4. DIC、スピルリナ青色素の生産能力増強 13億円投資
  5. 日本製紙、茶品種「サンルージュ」が認知機能低下抑制
  6. 消費者庁、健食等ネット表示で改善要請 15年度は400社に
  7. 愛媛県、機能性表示で「ワンストップ相談窓口」
  8. 機能性表示の届出資料、確認体制を強化 16年度補正予算案
PAGE TOP