注目の記事

健食転売で「月100万儲かる」都センが注意喚起

東京都消費者生活センターは7日、健康食品をネットで転売することで月に100万円儲かるなどと誘うビジネスに関する相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。


広告を見た20代男性が連絡し・・・

(詳しくは3月10日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. タンパク質でもアミノ酸でもないペプチド、古い栄養学からの脱却必要…
  2. イオンマレーシア、クリニック併設型のDgS開設
  3. 機能性表示、日本水産やサニーヘルスなどが初受理
  4. ティーエストレーディング、活力系新素材「プリマビエ」上市
  5. かがわ機能性食品開発研究会、9月にシンポ 長命草など
  6. 創健社、増収増益 オーガニックで取扱ナンバーワン目指す
  7. 機能性表示1品受理、計433品に
  8. 日健栄協、機能性農産物活用でセミナー 全国12地域で
PAGE TOP