ヘッドラインニュース

「機能性表示」RJ公取協が取組推進


研究事業で脳機能改善など検証

社団法人設立30周年を迎えた(一社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会(RJ公取協)は7日、都内で定時総会および記念式典を開催した。山本康考会長は、「30年の節目を迎えて、今後の基本方針を議論していきたい」と挨拶した。


RJ公取協では委託研究として、ローヤルゼリーの効果について調査研究を推進。2016年度は、ローヤルゼリーの抗酸化ストレス作用を介した脳機能向上の・・・

(詳しくは3月10日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 制度拡充、エキス追加へ 「機能性表示」検討会、各論決着
  2. 錠剤・カプセル「届出制」提言
  3. 北海道内バイオ産業、10年で4倍
  4. 総合健康開発研究所、抗眼精疲労効果測定する試験サービス開始
  5. 消費者庁予算案 機能性研究に7000万円 候補にノコギリヤシ、グ…
  6. 食総研、11月に研究成果展
  7. 改正特許法・商標法を閣議決定、特許料など引き下げへ
  8. エグゼクティブ会議・福岡 全国から190人超が参加 サプリ法制定…
PAGE TOP