注目の記事

原料原産地表示に懸念の声「検討の差し戻しを」

消費者委員会の食品表示部会が29日に開催され、加工食品の原料原産地表示制度について審議、委員から懸念の声が相次いだ。再検討を求める意見もあった。


消費者庁食品表示企画課長の赤崎暢彦氏は、国内で製造した加工食品を対象に・・・

(詳しくは3月31日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 消費者委、特保許可で7品答申
  2. ウィルファーム、抜け毛対応の新素材を上市
  3. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  4. アピ、スーパーフード「ビーポーレン」拡販
  5. 週刊新潮が「トクホの大嘘」特集 難デキなど批判
  6. 【機能性表示』747品、エファイや大同薬品工業など初受理
  7. 健康食品の品質、「事業者責任で対応を」
  8. 東洋酵素、アイケア・抗ロコモ用途でスピルリナ強化
PAGE TOP