注目の記事

機能性表示874品 森川健康堂、サンスター初受理

消費者庁は機能性表示食品として受理した商品について、25日に3品、26日に4品、27日に2品の情報を公開した。16年度はこれで572品。累計874品となった。


初受理は2社。森川健康堂では、サプリメント「ブルーベリー」で初の受理となった。ビルベリー果実由来アントシアニンを含んでおり・・・

(詳しくは4月28日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 日本製紙、茶品種「サンルージュ」が認知機能低下抑制
  2. 亀田製菓と新潟大、産学連携で協定 機能性研究など
  3. 健康食品産業協議会、4月から一般社団法人に
  4. 明日から食品由来ペプチド国際会議 中国広東省で 日米欧から有力企…
  5. 医療費、41.5兆円に拡大
  6. 学研とマルハニチロがコラボ、機能性表示食品で特別パッケージ
  7. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  8. アピ、スーパーフード「ビーポーレン」の供給本格化
PAGE TOP