注目の記事

アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」

国際的なサプリのアンチドーピング認証として知られる「インフォームドチョイス」を運営する分析会社LGC(英国)のテレンス・オローク事業開発部長は25日、「JADA(日本アンチ・ドーピング機構)とも協力する準備がある」との考えを示した。同氏は現在来日中で、本紙とのやり取りのなかで明らかにした。


 同氏は、「サプリ(のアンチドーピング認証)について、LGCの専門的知識・経験がJADAにとっても役立つはずだ」と・・・

 ・・・

 日本では昨年12月、バイオヘルスリサーチリミテッドがLGCの総代理店となり、認証を受けつけている。

 ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 静岡県の化粧品生産金額、2年連続で日本一
  2. 12月に臨床薬理学会、サプリ・医薬品の相互作用など
  3. ホクト、米サプリ企業とサン・メディカを子会社化
  4. JARO上半期審査概況、健康食品の苦情47%増
  5. テモナ、25日から通販支援で新サービス
  6. ナットウキナーゼ、健常者にも効果
  7. 国セン、機能性表示食品制度で宿泊セミナー
  8. 原料原産地表示、全国9地域で説明会
PAGE TOP