注目の記事

アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」

国際的なサプリのアンチドーピング認証として知られる「インフォームドチョイス」を運営する分析会社LGC(英国)のテレンス・オローク事業開発部長は25日、「JADA(日本アンチ・ドーピング機構)とも協力する準備がある」との考えを示した。同氏は現在来日中で、本紙とのやり取りのなかで明らかにした。


 同氏は、「サプリ(のアンチドーピング認証)について、LGCの専門的知識・経験がJADAにとっても役立つはずだ」と・・・

 ・・・

 日本では昨年12月、バイオヘルスリサーチリミテッドがLGCの総代理店となり、認証を受けつけている。

 ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. DIC、スピルリナ青色素の生産能力増強 13億円投資
  2. 米国「食品安全強化法」、来月に新規則義務化
  3. 消費者庁、健食等の連鎖販売企業に業務停止命令
  4. 日健栄協、来年3月に特保講習会
  5. 日本粉末薬品、サイリウムで新提案
  6. アフリカ素材のバオバブ、コカ・コーラが採用
  7. 「脳の健康」で提案募集 15年度は機能性食品など検証
  8. 日健栄協、ボーエン化成にGMP認定
PAGE TOP