注目の記事

アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」

国際的なサプリのアンチドーピング認証として知られる「インフォームドチョイス」を運営する分析会社LGC(英国)のテレンス・オローク事業開発部長は25日、「JADA(日本アンチ・ドーピング機構)とも協力する準備がある」との考えを示した。同氏は現在来日中で、本紙とのやり取りのなかで明らかにした。


 同氏は、「サプリ(のアンチドーピング認証)について、LGCの専門的知識・経験がJADAにとっても役立つはずだ」と・・・

 ・・・

 日本では昨年12月、バイオヘルスリサーチリミテッドがLGCの総代理店となり、認証を受けつけている。

 ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 厚労省、ビタミン含有保健剤の広告でQ&A
  2. 消費者委、機能性表示制度の分析法開示に評価の声
  3. アルビータ、「国産アスタキサンチン」今秋めどに供給へ
  4. 農商工連携や地域資源活用、藍やナマコ等でサプリ開発
  5. ネキシラ、ダイエット素材で臨床データ取得
  6. 地域資源で観光振興、沖縄県「命草」活用
  7. ピルボックス、機能性表示で2品目投入
  8. アピ、スーパーフード「ビーポーレン」の供給本格化
PAGE TOP