注目の記事

電通、食品原料開発の米ベンチャーに出資 コオロギ抽出タンパク

電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」は25日、コオロギ抽出タンパクで食品原料開発を行う米ベンチャー「エクソ」社に出資したことを明らかにした。エクソ側の希望により出資額は非開示。


エクソ社は、2014年に設立され、コオロギ抽出タンパクを精製、粉末化した「クリケットフラワー」の開発を行うほか、同素材を用いたプロテインバー(全8種類)を販売している。
電通側としては、広告マーケティングの新規顧客開拓の狙いがあり、「開発力を持つ未来型事業に先行出資することで、既存の取引先以外で次代を担える部分を育てたい」(関係者)という。同社では、MBAなど専門知識を持つ目利きチームが出資先を選定。いままでに5件あった出資事業はすべて米国で、「(米国は)やはり最先端が揃っているようだ。」(同)という。

関連記事

  1. 日東薬品、ブレビス菌とラブレ菌でSR実施
  2. 森永乳業、ヨーグルトで米国市場参入
  3. キッセイ薬品工業、特別用途食品2品の販売中止
  4. タイ健食市場2800億円、「輸入業者の役割重要」
  5. 機能性素材の市場規模、微増の1009億円 矢野経済
  6. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  7. 文科省が成果事例集、機能性食品で経済波及効果
  8. 協同乳業、水素産生する乳飲料を上市 「売上5億円目指す」
PAGE TOP