注目の記事

アレルギー患者や嚥下困難者、透析患者等に向けた災害食認証制度が開始

一般社団法人健康ビジネス協議会は26日、「おもいやり災害食認証制度」の運用を開始する。食事に特別の配慮を要する場合、災害時には被災者として弱い立場に立たされることが多いことから、今回の認証制度ではアレルゲンフリーや低タンパク質、性状・形状調整など4つの項目別に表示マークを運用する。


透析患者やアレルギー患者、嚥下困難者などは災害時に用意される非常食や支援物資を摂取できないことも多く、特別の配慮が求められる。ただ現状においては段ボールなどの流通時の包装や個別包装において統一の表示がなく、被災地に届く過程で一般物資と混在してしまうケースが見られた。

「おもいやり災害食証認証制度」のマークを表示することにより、流通の過程で混在を避け、配慮を要する被災者まで確実に届けることができるようになる。

認証を受けるには日本災害食学会による日本災害食認証制度による認証が必要。同学会副会長の別府茂氏(ホリカフーズ)は、「災害時のみならず、通常時でもおいしく食べられる商品を認証することで、ローリングストック(流通備蓄)の考え方を広げていきたい」としており、賞味期限の長さよりも、おいしく食べられることを強調する。

実際、求められる賞味期限は半年以上あればよく、「カップラーメンなど、ほとんどの加工食品が参加できる制度。ただでさえ無理を強いられる災害時に、食で我慢する時代は過去のもの」(別府氏)という。

「おもいやり災害食認証制度」についてのお問合せは、一般社団法人健康ビジネス協議会・TEL 025-246-4233まで。ホームページは、http://www.kenbikyou.jp/

関連記事

  1. 消費者庁・新長官の岡村氏、「悪質ビジネス成り立たないように」
  2. アンチドーピング認証のLGC、「JADAと協力する準備ある」
  3. 丸善製薬、ブラックジンジャーの脂肪分解で特許
  4. クオリカプス、開発展で差別化カプセルを披露
  5. DeNAの「WELQ」問題、健食に波及 都が意見聴取
  6. 抗加齢医学会総会に5500人
  7. 地域資源で観光振興、沖縄県「命草」活用
  8. 15年DHA・EPA市場、314億ドルに
PAGE TOP