注目の記事

熊本地震 消費者庁、食品個包装の表示弾力的に

消費者庁および農水省は20日、熊本地震で被災した熊本県内全45市町村について、食品表示規制を弾力的に運用することを明らかにした。


これは、被災地への円滑な食料供給が課題となっていることを受けたもの。通常、ファミレスや給食センターなどに供給される食品は、段ボール等の外箱に一定の表示がなされており、個包装には表示がない。今回の弾力的運用を受け、このような表示がない個包装食品を被災地に供給することが可能となる。ただアレルギーの情報については、消費者にも確実に提供する必要があり、表示事項を記載した紙を個数分用意したり、掲示・POPを近くに配置するなど、情報を伝える取組みが求められる。
消費者庁表示対策課食品表示対策室によれば、今回の弾力的運用はあくまでも、取締りを行わなくても”差し支えない”とするものであって、消費者の誤認を招くような悪質な違反については引き続き取締りを行う。
三上信治・同室長は弊紙からの取材に対し、「食品へのニーズのみならず、公衆衛生へのニーズもある。それぞれのニーズを適切に判断していく必要がある。」と話し、今後の運用については、拡大もしくは制限、様々な可能性があることを指摘、関係省庁と連携しながら必要な措置を講じていくとしている。

関連記事

  1. 飽和脂肪酸、摂取多いほど死亡リスク増 米国、30年の大規模研究で…
  2. 通販協調査、6割に「機能性表示」の届出意向
  3. ネット利用者1億84万人
  4. 16年度機能性表示食品市場 「1483億円の見込み」 矢野経済
  5. ヤクルト本社、セブンイレブン限定品の販売店舗拡大
  6. 機能性表示食品、受理企業300社に到達
  7. 米国の研究、食物繊維に乳がんリスク低減効果
  8. フロイント産業決算、機械部門好調で売上高9%増
PAGE TOP