ヘッドラインニュース

総務省 サプリ価格の大規模調査 行政施策の基礎資料に 健食支出増に対応

 総務省は2007年に、消費生活上重要な商品の地域別価格差などの把握を目的に実施している「全国物価統計調査」で、対象品目にサプリメントを追加する方針を固めた。同調査規則の一部を改正する省令案について、来年1月16日まで意見募集を実施し、同2月上旬に公布・施行する予定。調査結果は2008年6月以降に順次公表する見通し。→続きは『健康産業速報』第1090号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. サラリーマンの4割にダイエット経験…でも6割弱が失敗
  2. DAGのリスク評価、「プロモーター」の統一見解必要
  3. CoQ10健食、崩壊性等に問題ある製品も
  4. 和漢医薬学会レポート ウコン、イチョウ葉、プロポリスなど発表
  5. 日本テレビ、ダイエット食品に「太る可能性あり」
  6. 薬健研が勉強会、伊藤阪大教授「病者用特保の開発進む」
  7. 厚労省、食品の安全性確保「当然のこと」
  8. 国立栄研、産学連携でミネラル健食開発
PAGE TOP