ヘッドラインニュース

日健栄協、 05年度特保市場規模 11%増の約6,300億円

 2005年度の特定保健用食品市場が6299億円となったことが、(財)日本健康・栄養食品協会が2日に発表した調査結果でわかった。前回2003年度調査から630億円増加したが、伸び率は11.1%増にとどまり、37.6%増を記録した前回調査と比べると、伸び率が鈍化。規模がもっとも大きい整腸特保が2.1%増と微増に終わったことが要因と見られる。日健栄協では、特保市場は整腸関連の増加に合わせて急成長したが、03年ごろから伸び率が縮小していると分析している。←続きは本紙で!

関連記事

  1. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  2. ロート製薬、ファーマフーズと提携
  3. NNFA-J、食薬区分改正で説明会開催要求
  4. ヒマラヤ原産植物「ムクナ」に強壮作用
  5. HPMC、年度内にも規制緩和か
  6. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  7. NNFA−J 新体制スタート
  8. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
PAGE TOP