特集

【特集】北海道 “北海道+健康機能”、海外でも高評価

600億円規模を誇る北海道バイオ産業。「機能性食品・化粧品」分野が牽引しており、産官学が連携し、豊富な天然資源を利用した機能性素材の研究、商品開発が実を結んでいる。近年は、“北海道ブランド+健康機能”が海外でも高い評価を得ている。


運用4年目の北海道が認定する独自の機能性表示制度「ヘルシーDo」は、80品目(44社)を超え、同制度と機能性表示食品のダブル表示商品も登場。商品形態もバラエティに富んでおり、流通、小売サイドの反応が変わり始めている。9月には日本コカ・コーラの紅茶飲料が認定商品になった。沖縄県、四国4県、新潟県など各自治体が“地域特産品+健康機能”を打ち出すなか、北海道の取り組みに注目が集まっている。


その特徴的な気候・風土から沖縄県とともに機能性素材の宝庫といわれている北海道。タマネギ、シソ、クマ笹、アロニア、アマニ、タモギタケ、ヤーコン、アスパラガス、甜菜、植物発酵エキス、霊芝、プラセンタ、核酸、プロテオグリカン、コンドロイチン硫酸―― など、農産物、水産物、畜産物由来の特色ある機能性素材は50品目以上にのぼる。また、道内には多数の食関連の研究機関が集積。産官学連携による支援体制が充実しており、エビデンスを重視した品質・安全性の高い機能性素材が多いのが特長だ。北海道バイオ産業の平成27年度・売上高は…

 

詳しくは健康産業新聞9月20日号

購読はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル
  2. 健食ネット通販支出、10ヵ月連続の2桁増
  3. 「Care Show Japan 2018」注目セミナー

企業ニュース

  1. インフルエンザ、アトピー対策など ユーグレナのエビデンス拡充へ

特集

PAGE TOP