未分類

【市場動向】スポーツフード素材の市場動向


これまでスポーツフードといえば、アスリートを対象とした筋肉増強のための商品が多かったが、近年の筋肉疲労の研究やエネルギー代謝の研究で、抗疲労をコンセプトにした商品や効率的体脂肪をコンセプトに理想的体型をつくるという美容にも通じる商品開発が活発になっている。今後のさらなる市場拡大のための鍵は、いかに高齢者の運動機能の低下を防ぐかというマーケット展開だ。
本稿では、スポーツフードおよびスポーツニュートリション分野で用いられる素材の動向を中心に見ていく。
主なサプライヤーは下記のとおり
●プロテイン
乳たん白
フォンテラジャパン
日成共益
●アミノ酸
プロテインケミカル
●ペプチド
ケリー・ジャパン
DSMジャパン フードスペシャリティ事業部
●カルノシン・アンセリン
日本ハム
焼津水産化学工業
●L-カルニチン
ロンザ・ジャパン
●クレアチン
クレアピュア事務局:販売元ユニテックフーズ
小林香料
●共役リノール酸(CLA)
日清オイリオグループ
●クラスターデキストリン
江崎グリコ
●リンゴ・ブドウポリフェノール
コロイドナチュレルジャパン
●ライチポリフェノール
アミノアップ化学

関連記事

  1. 食品産業における用水と排水の最新動向
  2. 新しい食品開発の流れはここから、第18回食品開発展開催!
  3. 支援技術レポート 高効率・余剰汚泥制御の新規活性汚泥システム
  4. 特別用途食品制度の見直しに商機あり
  5. 食品機械用潤滑剤の利用動向
  6. 【健康素材】関節サポート素材 進む次世代素材の広がり
  7. 食品業界における環境対策
  8. CLOSE UP

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP