未分類

ガニアシに抗インフルエンザ効果

 カイゲンは「ガニアシフコイダン」の抗インフルエンザ作用を解明した。
 北里大学、共成製薬などとの共同研究で、ガニアシ(マコンブ仮根)から得られるフコイダンを用いたマウス試験を実施。その結果、ガニアシフコイダンの経口投与により、インフルエンザウイルスによる致死が有意に抑制された。肺における炎症の軽減も認められた。

関連記事

  1. 【4月号】食品安全マネジメントシステムの最新動向
  2. 素材レポート ALIPURE(α-リポ酸)の運動に及ぼす影響
  3. 【新素材レポ】ポテト由来素材 Slendesta について
  4. 混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  5. 野菜・果実素材の市場動向
  6. 食品開発展2011 事前来場登録を受け付け中
  7. 高度化する食品産業の粉粒体技術
  8. 【市場動向】ビタミンの最新市場動向

おすすめリンク先

PAGE TOP