未分類

【9月号】冷え症・血流改善素材の最新動向

 体の冷えは万病の元といわれ、肩こり、腰痛、不眠、肌荒れなど身体の不調をきたす原因となる。冷え症となる原因は様々あるが、最近は女性の2人に1人は身体の冷えを感じているというデータもあり冷え症は深刻な問題といえる。

 冷え症・血流改善素材としてはショウガ、糖転移ヘスペリジン、L-シトルリン、高麗人参などがあるが、いずれも体感性の速さと高さが評価され、ここ数年拡大基調で推移している。特にここ1~2年は、単に冷え症・血流改善を訴求するだけでなく、女性をターゲットにトータル美容を訴求した製品の開発が増加しているようだ。本稿では、これら冷え症・血流改善とそれを用いた食品の開発動向を中心にみていく。

<主なサプライヤー>

●金時ショウガ
香栄興業
●ショウガ
丸善製薬
●L-シトルリン
協和発酵バイオ
●糖転移ヘスペリジン
江崎グリコ
東洋精糖
●ヒハツ
丸善製薬
●アムラ
 太陽化学
●ライチ果実由来ポリフェノール
 アミノアップ化学
●植物エキス
日本粉末薬品

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始
  3. 【市場動向】腸内環境改善と免疫関連素材の開発動向
  4. 【3月号】健康食品市場動向と素材・技術研究~Vol.2
  5. 「ファンクショナルフードは老化を制御できるか?」をテーマに
  6. クローズアップ
  7. PUFA(多価不飽和脂肪酸)n-3,n-6最新の市場動向
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP