未分類

【10月号】脳機能改善素材の開発

 高齢化社会の進行にともない、QOLを維持し快適な生活を送りたいと考える高齢者は増加している。このような中、認知症やアルツハイマー病、うつ病などの精神疾患患者数は増加傾向にあり“ブレインヘルス”は重要なテーマとなっている。様々な研究から脳機能改善効果を有する食品素材のエビデンス取得も進んできているが、市場においては薬事法の規制により、消費者に対する訴求ができず市場拡大の足枷となっている。今後、どのように食品としての脳機能改善作用を訴求していくかが課題だ。


本稿では、脳機能改善に有効とされる素材についてみていく。

<主なサプライヤー>

●リン脂質
・PS(ホスファチジルセリン)
ヘルシーナビDKSHジャパンビーエイチエヌの3社からなるリパミン広報センター
日油
・α-GPC
 日油
・PC-DHA
 日油
●アスタキサンチン
 ヤマハ発動機
●SAMe含有酵母
オムニカ
●酵母ペプチド
 ビーエイチエヌ (輸入元:ヘルシーナビ
●L-カルニチン
ILS
●植物エキス
・イチョウ葉エキス
シュワーべ・グリーンウエーブ
常磐植物化学研究所
丸善製薬
タマ生化学
・ラフマ
 常磐植物化学研究所
・花椒エキス
 常磐植物化学研究所
・ボダイジュ
 丸善製薬
・米ぬか由来のフェルラ酸
 築野食品工業
・ヤマブシタケ抽出物
サン・メディカ

関連記事

  1. 【品質・安全】食品工場の衛生管理・HACCPを支援する機器・資材…
  2. クローズアップ
  3. 生産管理システムと商品規格書作成システム
  4. 【4月号】食品品質のカギを握る温度管理技術
  5. 天然調味料市場動向2
  6. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向
  7. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP