未分類

【4月号】プロバイオティクス・プレバイオティクス

~さらに進化したシンバイオティクス・バイオジェニックス~

 腸内環境が人の健康維持・疾病予防に大きく関与することが明らかとなり、整腸作用をはじめ、消化器疾患予防、発がんリスク低減、アレルギーなど様々な疾病リスク低減に関わることが広く知られてきた。ダイエットや美容、免疫強化など、プロバイオティクス・プレバイオティクスは多方面から注目されている。
 この流れは日本に留まらず、今や世界的な潮流となりつつある。また、プロバイオティクスとプレバイオティクスを合わせる事で相乗効果を狙うシンバイオティクスの提案がさらに活発化。腸内細菌の働きにより生成された有効物質の効果「バイオジェニックス」についての意識も高まってきた。本稿ではプロバイオティクス・プレバイオティクスの市場動向を中心に現在の各サプライヤーの状況を探っていく。

<主なサプライヤー>

【乳酸菌】
コンビ
CJジャパン
韓国セルバイオテック
セティ
ニチニチ製薬
三菱化学フーズ
【プレバイオティクス】
塩水港精糖
コロイドナチュレルジャパン
サントリーウエルネス
CJジャパン
日新カップ
日本食品化工
日本甜菜製糖
フジ日本精糖
明治フードマテリア
ヤヱガキ醗酵技研
ヤクルト薬品工業
【乳酸菌生産物質】
フィス
ヤヱガキ醗酵技研


関連記事

  1. クローズアップ
  2. ユベリ博士の独創的ダイエット論<15>
  3. 【7月号】美容・アンチエイジング食品素材の市場動向
  4. プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の市場動向
  5. 海外開発トピックス
  6. 【市場動向】スーパーフルーツ・ベジタブル
  7. 編集部から
  8. 食品産業における温度管理技術の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP