未分類

【9月号】消臭、呈味改善・マスキング素材の利用動向

消臭.jpg

 日本人は臭いや味に敏感な民族として知られ、口臭、体臭、加齢臭など人が発する悪臭を除去する消臭素材の開発や、食品中の嫌味となる雑味・エグ味・苦味などを低減する味質改善・マスキング素材の開発は他国と比べても発達している。臭いに対する意識は年齢、性差を問わず高まる傾向にあり、エチケット製品の市場は確実に拡大している。呈味改善・マスキングの市場では、シクロデキストリンを中心に安定しているが、最近は天然志向を反映し植物抽出物が用いられるケースが増えている。

 本稿では、これら消臭、呈味改善・マスキング機能を持つ素材についてみていく。

日本人の消臭ニーズ

 日本人は欧米人に比べると臭いに敏感な民族として知られ、調査会社マイボイスコムが行ったウェブ形式のアンケート調査では、臭いに対して「とても敏感」、「やや敏感」と答えた人は76.5%で全体(19,910名)の3/4に上った。さらに、「臭いの気になる人」についての質問では、「自分自身」が39.5%・・・

消臭対策製品の開発動向

 消臭対策製品は根強い人気を誇り、安定した市場を形成している。

 口臭対策製品は、ミントやメントールで口中の清涼感を与えるもの、舌苔除去に着目したもの、胃の中で溶けて消臭効果を発揮するものなど様々な訴求点で錠菓、ガム、キャンディ、グミ、タブレットとして展開されており、ロングセラーとなっている商品も多い。


【消臭素材】

●緑茶抽出物

太陽化学

●鉄クロロフィリンナトリウム

タマ生化学

●米麦芽・大豆発酵素材

東洋発酵

●さとうきび抽出物

三井製糖

【呈味改善・マスキング素材】

●シクロデキストリン

シクロケム

日本食品化工

●さとうきび抽出物

三井製糖

●糖転移ヘスペリジン

江崎グリコ

●ゆずポリフェノール

東洋精糖

●焙煎米糠&大豆抽出物

奥野製薬工業

●フルーツ由来の天然香料

ヴィルド(ジャパン)


関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. クロマト分析技術の最新動向
  3. アジア最大の機能性素材、技術の展示会「食品開発展」盛況裡に閉幕
  4. 【2月号】品質・安全管理のためのモニタリング機器
  5. 【素材レポ】まるごとリンゴパウダー“ポメフェクト”
  6. ミネラル欠乏の食育キャンペーンを
  7. 食品工場のクリーン化とエアコントロール
  8. 高機能化が進む電子天びんの最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP