未分類

【2月号】品質・安全管理のためのモニタリング機器

~水分活性計・pH計・残留塩素計・酸素モニタリング・屈折率/密度計の最新動向~

サイエ~1.jpg

  各種モニタリング機器は、食品工場の検査室、製造工程の品質管理を行う上で欠かすことのできないツールとなっている。今回は、微生物制御や品質保持のためのモニタリング項目として、温度とともに重要なパラメータである水分活性とpH測定装置、用水の安全衛生上の管理においてその指針となる塩素濃度を監視する残留塩素計、食品における様々な劣化を促進する要因となる酸素濃度およびガスバリアモニタリング、安全性と品質の管理目的で利用が広がる糖度・濃度ための屈折計や密度計などにスポットを当て、モニタリング機器の利用動向と最新機器の開発動向を見ていく。


■微生物管理から品質管理へ裾野広がる水分活性測定技術

アイネクス

GSIクレオス

■おいしさと品質安全のためのpH計

堀場製作所

■品質安全対策に欠かせない残留塩素計

ユニフィードエンジニアリング

ハンナ インスツルメンツ・ジャパン

■重要性の高まる酸素モニタリング

東レエンジニアリング

三洋貿易

●バリア性ニーズの高まりでプレゼンスアップするガスバリア測定

日立ハイテクノロジーズ

■屈折率や密度測定によるおいしさと品質の管理

京都電子工業


関連記事

  1. 食品工場のオンライン計測・IT制御技術
  2. 【素材レポ】フラバンジェノールのメタボリックシンドロームに対する…
  3. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向
  4. 【連載】産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品…
  5. ●食品の安全性と中国蜂蜜
  6. トレーサビリティと表示・記録関連技術の最新動向
  7. ●「栄養補助食品法」に業界の期待集まる
  8. 始まった人口減少と食品業界の課題

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP