技術・機器の記事

嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター

嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター

イマダは、食品別や規格別など柔軟な測定に対応可能なレオメーター「FRTSシリーズ」を取り扱っている。レオメーターは食品の食感(テクスチャー)を力に置き換えて数値化するもの。

FRTSは、食品の種類や規格をタッチパネルにより選択するだけで100以上のプリセットされた食品別測定条件を簡単に設定する事が可能。アタッチメント(プローブ)は平型、円錐型、クサビ型、球形の4種を簡単に付け替え可能なため、様々な食品の食感測定に対応する。

また、嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフードといった種々の規格も一覧としてプリセットされており、そこから測定メニューの選択も可能だ。

測定データは、1000Hzの高速応答で荷重変化を付属のソフトウェアでグラフ描画することが可能。付属USBにデータを保存することでPCでのデータ管理も容易に行える。

装置ラインアップは最大荷重5NのFRTS-5N、同50NのFRTS-50N、同100NのFRTS-100Nの3機種。

関連記事

  1. GMP対応機能搭載の高機能水分計をお披露目
  2. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…
  3. バクテリア・セルフチェッカー「mil-kin」が
    「携帯…
  4. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  5. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  6. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  7. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計
  8. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP