技術・機器の記事

嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター

嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター

イマダは、食品別や規格別など柔軟な測定に対応可能なレオメーター「FRTSシリーズ」を取り扱っている。レオメーターは食品の食感(テクスチャー)を力に置き換えて数値化するもの。

FRTSは、食品の種類や規格をタッチパネルにより選択するだけで100以上のプリセットされた食品別測定条件を簡単に設定する事が可能。アタッチメント(プローブ)は平型、円錐型、クサビ型、球形の4種を簡単に付け替え可能なため、様々な食品の食感測定に対応する。

また、嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフードといった種々の規格も一覧としてプリセットされており、そこから測定メニューの選択も可能だ。

測定データは、1000Hzの高速応答で荷重変化を付属のソフトウェアでグラフ描画することが可能。付属USBにデータを保存することでPCでのデータ管理も容易に行える。

装置ラインアップは最大荷重5NのFRTS-5N、同50NのFRTS-50N、同100NのFRTS-100Nの3機種。

関連記事

  1. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…
  2. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  3. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  4. 温度センサ搭載で確度の高い除菌効果を提供
  5. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  6. 食品含有成分量測定が生産ライン上で可能に
    独製ハイパースペ…
  7. 新型コロナウイルスなど接触感染対策に最適な手洗い用タッチレスタイ…
  8. 独自AIで捕獲昆虫のカウントと種別判定を実現
    新型LED捕…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP