関連トピックス

「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
第22回腸内細菌学会、5/31~6/1に開催

(公財)日本ビフィズス菌センターでは5月31日(木)、6月1日(金)の両日、「第22回腸内細菌学会」を開催します。

大会テーマ:宿主-腸内細菌相互作用―双方向制御の分子メカニズムに迫る―

日時:5月31日(木)、6月1日(金)
場所:タワーホール船堀(東京都江戸川区)
参加事前登録:3月1日(木)~5月2日(水)
URL http://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml

プログラムの一部紹介(※内容が変更になることがあります)

5月31日
・13:30~15:30 市民公開講座「腸内フローラと健康」
辨野義己(理化学研究所 イノベーション推進センター)
「“長寿菌”がいのちを守る!~大切な腸内環境コントロール~」
中島 淳(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)
「病気と腸の関係」
・14:30~17:00 国際シンポジウム1(英語)
「New trends in microbiome research―微生物叢研究の新展開
6月1日
・9:30~12:00 国際シンポジウム2(英語)
「Forefront of M cell biology―M細胞生物学の最前線―」
・14:00~16:30 シンポジウム(日本語)
「宇宙と微生物」

詳しくはこちらをご覧ください。詳細スケジュールも決定次第更新。
http://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml

関連記事

  1. オリザ油化のマキベリーエキス「MaquiBright」がドライア…
  2. 日本清涼飲料研究会「第30回研究発表会」を開催-機能性や加工特性…
  3. 食品添加物メディアフォーラム開催、リスク評価について解説
  4. 旭化成、結晶セルロースでハラール認証を取得
  5. BASF、第1回「Newtrition Health Innov…
  6. 混合型カロテノイドがヒトの皮膚をUVA 誘発色素沈着とUVB誘発…
  7. 日新製糖、カップオリゴで“腸と腸内細菌”に関するフェアに協賛
  8. みょうばんの使用基準改正を官報告示

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP