未分類

フレーバーの最新市場動向

近年、あらゆるカテゴリーの食品のライフ・サイクルが短くなっている。また「食シーン」の多様化も著しく、食品メーカー各社も新しいトレンドを形成する商品の開発に余念がなく、飲料・加工食品カテゴリーでは毎年数多くの新製品が上市されている。それら新製品開発において、美味しさのポイントとなるフレーバーの役割は非常に大きい。飲料用途での新規フレーバー、惣菜で求められる耐光性・耐熱性フレーバー、冷食・レトルト食品などでの加工耐性、高甘味度甘味料などのマスキングフレーバー、香りのみならず食品添加物としての機能性を求められるケースも多くなってきた。
本稿では、2003年の加工食品、フレーバー市場の統計動向を見ながら、2004年の製品トレンドを探る。


●フレーバーサプライヤー1
小川香料
長谷川香料
三栄源エフ・エフ・アイ
曽田香料
高砂香料工業
高田香料
長岡香料
長谷川香料
コーケン香料

●フレーバーサプライヤー2
・クエストインターナショナル
ダニスコジャパン
ヴィルドジャパン

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  3. 欧州食品見本市FiE視察レポート
  4. クローズアップ
  5. 機能性食品開発のための知財戦略(15)
    食品用途発明の最…
  6. 【品質安全】品質・安全管理のためのモニタリング機器
  7. 海外開発トピックス
  8. 高度化する食品産業の粉粒体技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP