技術・機器の記事

防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登場

前川製作所では、虫や埃の侵入をシャットアウトする防虫用エアカーテン「バグシャッター」の引き合いが堅調に伸びているという。

バグシャッターは、食品工場や配送センター等の開口部の両サイドに設置する装置からそれぞれ横向きに気流を発生させる。そこから生じる2重の空気膜により虫や埃の侵入を効率良く防ぐ。吸込口を設けることにより、虫を捕獲・外に逃がさない構造となっている。

加えてシートを引き上げる前に気流を起こしたまま任意の待機時間を設けることが可能なため、シートや扉に付着していた虫を施設内に侵入させるリスクを軽減させる点もメリットとなっている。

バグシャッターは、設置した間口における侵入昆虫のモニタリングが可能なため、ピンポイントな防虫対策を講じることができるといった点も特長。開口部の高さに応じて10cm刻みでのカスタマイズが可能なため、過剰スペックにならないコスパの高さも支持を集めている点と言える。

同社では新たなラインアップとして、バグシャッターの捕虫機能はそのままに、従来比150mmのスリム化により本体幅450mmを実現した省スペースタイプの「バグシャッター スリム」開発。6月FOOMAにてお披露目をした。従来機では設置スペースがネックとなり導入できなかった施設に向けて拡販を図る。バグシャッター スリムではファンの刷新により、従来の風力を保ちながらも消費電力60~75%を削減。さらに騒音値4~9dB低下を実現している。

関連記事

  1. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  2. 食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入
  3. 測定精度・再現性・使用感をブラッシュアップしたハイスペック温度計…
  4. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  5. データ解析機能付きATPふき取り検査キット発売
  6. HACCPに沿った衛生管理を導入済み事業者は23%―HACCP導…
  7. 食品含有成分量測定が生産ライン上で可能に
    独製ハイパースペ…
  8. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート

おすすめリンク先

PAGE TOP