関連トピックス

【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え

日本ではアーモンドミルクが牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」として認知度が高くなっているが、米国のスーパーでは植物素材のミルク風飲料がさらに発展している。豆乳やライスミルクに加え、ヘンプミルク、ヘーゼルナッツミルク、アーモンドミルクなどが棚に並んでいた(別の店舗ではカシューナッツミルクもあり)。

また、これらの植物性素材は同時にたん白素材としても様々に使われており、(先の店舗とは別チェーンの店舗であるが)プロテインパウダーとしても、米、パンプキンシード、ヘンプなどの製品が並べられていた。乳製品代替としての利用も拡がっており、ヴィーガン用のマカロニチーズ製品には、パンプキンとスイートポテトが使われていた。

なお同店ではもちろんプロテインパウダー定番であるホエイプロテインもラインアップ。名前もこだわりの「SHOW ME THE WHEY®」

関連記事

  1. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設
  2. 全国はちみつ公取協が会員企業に義務付け
    「1歳未満の乳児に…
  3. キユーピーの仙川キユーポート内の社員食堂が「健康な食事・食環境」…
  4. プロテインケミカル、事故のお詫びとお知らせを公表
    グルコサ…
  5. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  6. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設
  7. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  8. 7月の主な学会、研究発表会

食品開発展 10/3~5 開催

PAGE TOP