関連トピックス

【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え

日本ではアーモンドミルクが牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」として認知度が高くなっているが、米国のスーパーでは植物素材のミルク風飲料がさらに発展している。豆乳やライスミルクに加え、ヘンプミルク、ヘーゼルナッツミルク、アーモンドミルクなどが棚に並んでいた(別の店舗ではカシューナッツミルクもあり)。

また、これらの植物性素材は同時にたん白素材としても様々に使われており、(先の店舗とは別チェーンの店舗であるが)プロテインパウダーとしても、米、パンプキンシード、ヘンプなどの製品が並べられていた。乳製品代替としての利用も拡がっており、ヴィーガン用のマカロニチーズ製品には、パンプキンとスイートポテトが使われていた。

なお同店ではもちろんプロテインパウダー定番であるホエイプロテインもラインアップ。名前もこだわりの「SHOW ME THE WHEY®」

関連記事

  1. 三菱商事ライフサイエンスグループ3社の会社統合
  2. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始
  3. 東洋新薬、東京大学とともに産学連携研究セミナー・イベントを開催
  4. 神奈川歯科大学、ポリデキストロースの新機能を発見―腸内発酵により…
  5. Дарья ЯковлеваによるPixabayからの画像 キャンディを人工甘味料不使用でリニューアル。ペクチングミの開発も…
  6. 日新製糖、カップオリゴで“腸と腸内細菌”に関するフェアに協賛
  7. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…
  8. 「GFSIフォーカスデージャパン 日本食品安全会議2017」を開…

おすすめリンク先

PAGE TOP