関連トピックス

【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え

日本ではアーモンドミルクが牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」として認知度が高くなっているが、米国のスーパーでは植物素材のミルク風飲料がさらに発展している。豆乳やライスミルクに加え、ヘンプミルク、ヘーゼルナッツミルク、アーモンドミルクなどが棚に並んでいた(別の店舗ではカシューナッツミルクもあり)。

また、これらの植物性素材は同時にたん白素材としても様々に使われており、(先の店舗とは別チェーンの店舗であるが)プロテインパウダーとしても、米、パンプキンシード、ヘンプなどの製品が並べられていた。乳製品代替としての利用も拡がっており、ヴィーガン用のマカロニチーズ製品には、パンプキンとスイートポテトが使われていた。

なお同店ではもちろんプロテインパウダー定番であるホエイプロテインもラインアップ。名前もこだわりの「SHOW ME THE WHEY®」

関連記事

  1. デュポン、プロバイオティクス発酵製造設備を拡張、供給能力がさらに…
  2. BASF、DHA・EPA測定キットで新サービスを開始
  3. L-テアニンが認知改善に有効である試験結果を学会で発表
  4. 森永乳業の「ビフィズス菌A1」の認知機能を改善する作用を確認
  5. 豆乳 1-3月の豆乳類生産量が増加、新型コロナウイルスの影響による在宅…
  6. 食品と開発 ニュース イングレディオン、でん粉の生産能力増強を計画―中国・山東工場を拡…
  7. SDGs対応とグローバル対応が業界の課題
    日包工賀詞交歓…
  8. ダノン健康栄養フォーラム―スポーツと栄養に関する講演を開催

おすすめリンク先

PAGE TOP