関連トピックス

みょうばんの使用基準改正を官報告示

膨張剤等に利用されるみょうばん(硫酸アルミニウムアンモニウム及び硫酸アルミニウムカリウム)の使用基準改正が11月30日付の官報で告示され、厚生労働省は同日付で各都道府県に通知した。菓子類、生菓子、パンに関する使用基準は両物質ともアルミニウムとして、1kgにつき0.1g以下、としている。告示日から1年以内は、なお従前の例によることができる、と明記されており、施行の猶予期間が設けられている。

このほか、同日付で酵素のβ-ガラクトシダーゼおよびフルクトシルトランスフェラーゼについて、由来原料(酵母、糸状菌の種類)を追加する成分規格を改正する旨が告示、通知されており、即日施行となっている。

関連記事

  1. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  2. 造血ホルモン増加による貧血改善-アサイーの市場拡大を目指して情報…
  3. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  4. 包装をめぐる環境対応に一層の重要性
    包装界合同新年会で藤…
  5. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…
  6. 食品と開発 ニュース プロテインケミカル、事故のお詫びとお知らせを公表
    グルコサ…
  7. 食品添加物メディアフォーラム開催、リスク評価について解説
  8. 物産フードサイエンス「愛知ブランド企業」に認定

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP