関連トピックス

日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超えと発表 ~豆乳(無調整)・調製豆乳を中心にさらに市場拡大

日本豆乳協会は、2019年4-6月期における豆乳市場が104.417kL(前年同期比111.2%)となり、既に速報値での発表はあったが、このたび改めて、四半期で初の10万kL超えとなったと発表した。

同協会が定期的に行っている「豆乳等生産量等調査」によるもので、種類別の生産量をみると
調製豆乳―最も生産量が多い 53,012kL(前年同期比108.2%)
豆乳(無調整)―近年拡大傾向 26,203kL(107.6%)
豆乳飲料
・果汁入り4,490kL(103.6%)、
・フレーバー系(紅茶・コーヒーなど)のその他豆乳飲料 16,035kL(99.0%)
その他(豆乳クリーム、豆乳ヨーグルト、豆乳鍋などの原材料となる豆乳) 4,677kL

4-6月期では、ほとんどの種類において前年同期比を上回った。豆乳(無調整)や調製豆乳が伸びている要因は、健康志向の高まりから、飲用はもちろんのこと料理への利用需要が伸び、さらにライトユーザー層がリピーター層に変化したと推測。

同協会は、2020年には国民一人あたりの豆乳(類)年間飲用消費量を4Lに増加させ(2016年2.5L / 総人口12,700万人)、年間総生産量を50万kLにすることを目標に啓発活動を展開している。

日本豆乳協会のホームページは⇒ http://www.tounyu.jp/

関連記事

  1. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  2. 常磐植物化学研究所、70周年記念シンポジウムを共同開催―多数の講…
  3. たんぱく質やビタミンDの摂取量が焦点に
    厚生労働省、第3回…
  4. 三洋ライフマテリアルが本格始動
  5. 本年4-6月の豆乳類の生産量は110,840kL―家庭内での摂取…
  6. 築野食品工業、近⾚外分光法(NIR)を「こめ油」の製造⼯程管理に…
  7. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  8. スポーツニュートリション カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…

おすすめリンク先

PAGE TOP