関連トピックス

食品原料の販売企業と購買企業を結ぶWebサービス-廃棄ロスや地方活性にも寄与

食品原料の輸入・販売を手掛けるICS-netでは、食品原料の販売企業と原料を探している購買企業を効率良く繋げるWebでのシェアリングサービス「シェアシマ」を開設している。
https://shareshima.com/

「シェアシマ」は、食品原料を「売りたい企業」と「買いたい企業」をWebサイト上でマッチングさせるサービス。ICS-netが管理することで、品質の担保がとれた食品原料の取引を実現する。

例えば、食品メーカーの購買・開発担当者が新商品開発時に新しい原料を探す際には、「シェアシマ」から検索し、出品している企業とWeb上で直接コンタクトを取り、商品の問い合わせやサンプル依頼、価格交渉から納品、代金決済までをワンストップで行える。

一方、原料の販売企業においては、購買企業からの問い合わせを事前に確認でき、興味がある相手から商談を始められることにより、効率的な営業活動が可能になる。

社会が食品ロス削減に取り組み始めているなか、過剰在庫や不動在庫の情報を「シェアシマ」で公開し、少しでも多くの購買企業に認知・購買してもらうことで、原料段階での食品廃棄ロス削減に貢献できる可能性がある。また、全国各地に埋もれている食品原料を発信することで、メーカー側の画期的な新商品開発に繋げられ、地域活性にも寄与できる。

関連記事

  1. BASF とGlycosyn、知的財産権の保護に成功
  2. フードロス削減に貢献する小型解凍機「メルツ解凍・プロ」体験会開催…
  3. 太田油脂、アップサイクル素材「アーモンドミール」を開発
  4. 物産フードサイエンス、セミナーでケストースの紹介、1月には研究会…
  5. 未利用の食品原料を買い手と結びつけるWebサービス「アップサイク…
  6. コメ需要の長期的減少などが反映、食料自給率は37%
  7. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  8. アカモク成分中の抗ウイルス効果を活用した除菌剤

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP