未分類

温度管理技術の最新動向

昨年の乳業メーカーによる大型食中毒事故から一年余。事故直後は食品産業の各業種において工程管理の見直しが叫ばれたが、その後も規模こそまちまちながら、食品工場や、学校・病院給食施設、飲食店などにおいて食中毒事故は後を絶たない。
HACCPシステムにおいて、食品の製造過程から流通に至るまでの温度情報は、微生物制御の観点から見逃せないモニタリング項目といえ、以前にもまして各工程における温度計測と、その記録の重要度は増すものと思われる。
それにあわせて、無人および遠隔での温度管理やデータ収集ニーズも高まっており、インフラが急速に進んでいるIT(情報技術)活用を前提としたデータロガーや温度コレクターの開発も進んでいる。
本稿では、モニタリングのための温度管理の重要性に再度立ち返るとともに、各社の温度計測装置の開発状況、さらにIT活用による商品および物流温度管理の現状を紹介する。


●注目の企業
・西華産業
・高岳製作所
・テクノネット
・ニッポー
・ハンナインスツルメンツ・ジャパン
・プランシュール・ジャパン
・堀場製作所
・レーザー計測
●注目の企業2
・ティアンドデイ
・テストー

関連記事

  1. 食品分野における天びん・はかりの最新動向
  2. 【分析計測】電子天びん・はかりの最新動向
  3. 食品業界で進む企業提携、M&A
  4. 【11月号】ハイスループット対応進むクロマト分析のハード&ソフト…
  5. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  6. 【9月号】食品機械用潤滑剤の最新動向
  7. 有機酸の市場動向
  8. ビタミンの最新市場動向

おすすめリンク先

PAGE TOP