関連トピックス

AIFN、「バイオ食品」に関する最新動向セミナー開催

一般社団法人国際栄養食品協会(以下、AIFN)は、AIFN オープンカレッジ(社会人カレッジ)の特別講座として、「バイオ食品開発最新事情」と題した最新動向セミナーを12月2日に新宿アイランドタワー内のモバフ新宿アイランド セミナールームで開催する。共催は一般社団法人健康産業協議会。

今回の特別講座では、「遺伝子組み換え食品とゲノム編集食品」をテーマに、その概要と今後の課題など、業界や行政の動向、バイオ食品の現状を把握できる内容となっている。

現在、参加者を募集中。受講料は、一般3,000円、AIFN会員および産業協議会会員、またAIFNオープンカレッジスクール会員は、2,000円。参加申し込みはAIFNホームページにて受付。締切りは11月30日。
※AIFNホームページ⇒ http://www.aifn.org/info/open2/

なお、本講座は、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の食品保健指導士の「食品保健指導士認定資格更新申請書」に単位として申請できる。

【特別講座概要】
生命の設計図“ゲノム”を書き換える技術を利用したゲノム編集食品が10月1日に解禁された。厚労省や消費庁では従来の品種改良と同等とみなし、「食品表示は義務化せず」との方針を示している。一方、消費者からは健康への影響を不安視する声もある。安全性審査はなぜ義務化されなかったのか?その背景は?など業界人や消費者が知りたい「バイオ食品の今」について二人のスペシャリストを講師に迎え、開発者、製造者、ルール策定者それぞれの視点に立って講演される。

日 時:2019年12月2日(月)14:00~17:00(受付13:30~)
会 場:モバフ新宿アイランド セミナールーム
〒163-1320 東京都新宿区西新宿 6-5-1 新宿アイランドタワー20 階

【講座内容】
14:00-15:20 『バイオ食品概論ー遺伝子組み換え食品の最新事情』
森下 幸治(協和発酵バイオ(株)渉外部マネージャー)
15:30-16:50 『ゲノム編集作物開発とその取り扱いルール』
江面 浩(国立大学法人筑波大学 生命環境系 教授)

関連記事

  1. 結晶セルロース 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  2. 食品開発展のホームページをリニューアル!
  3. 林原、ロンザ社と長期パートナーシップ契約を締結
    ―プルラ…
  4. 「EHEDG」認証機関の早期承認を目指す
    日食工賀詞交歓会…
  5. BASF、第1回「Newtrition Health Innov…
  6. UBM社とInforma社が合併 世界最大の国際展示会主催会社に…
  7. 【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え
  8. 「ProPakAsia 2020」に日本パビリオンを設置

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP