技術・機器の記事

鮮度保持とHACCP制度化で注目
窒素ガス発生装置と除菌フィルター

フクハラの窒素ガス発生装置「MAX N2窒素ガス発生装置」は、圧縮空気を原料として窒素ガスを発生する装置。食品パックのガス充填・包装やPETボトルへのガス充填、乾燥物の保存、ワイン・ビール・飲料貯蔵などの用途で豊富な納入実績を持っている。

同社では自社開発の除菌フィルター3点セット(スーパープレフィルター、活性炭フィルター、除菌フィルター)を窒素ガス発生装置の後段に設置することで衛生的なガス充填を可能にするクリーン窒素ガスライン(特許取得済)を提案しており、HACCP管理をサポートする高効率なシステムとしてプレゼンスを高めている。

食品・飲料の酸化防止や風味鮮度の保持、食品ロス削減につながることはもちろん、窒素ガスを自社生産することで、品質向上とコスト低減を両立できる点もメリット。

関連記事

  1. 嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター
  2. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  3. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  4. テストー 耐熱・耐圧データロガーなど新製品4アイテムを発表
  5. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  6. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  7. HACCP対応で注目される防虫粗じんフィルタ・ユニット発売
  8. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP