技術・機器の記事

鮮度保持とHACCP制度化で注目
窒素ガス発生装置と除菌フィルター

フクハラの窒素ガス発生装置「MAX N2窒素ガス発生装置」は、圧縮空気を原料として窒素ガスを発生する装置。食品パックのガス充填・包装やPETボトルへのガス充填、乾燥物の保存、ワイン・ビール・飲料貯蔵などの用途で豊富な納入実績を持っている。

同社では自社開発の除菌フィルター3点セット(スーパープレフィルター、活性炭フィルター、除菌フィルター)を窒素ガス発生装置の後段に設置することで衛生的なガス充填を可能にするクリーン窒素ガスライン(特許取得済)を提案しており、HACCP管理をサポートする高効率なシステムとしてプレゼンスを高めている。

食品・飲料の酸化防止や風味鮮度の保持、食品ロス削減につながることはもちろん、窒素ガスを自社生産することで、品質向上とコスト低減を両立できる点もメリット。

関連記事

  1. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  2. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  5. 非接触・非破壊で硬さ(柔らかさ)の見える化を実現
  6. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計
  7. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  8. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…

おすすめリンク先

PAGE TOP