技術・機器の記事

鮮度保持とHACCP制度化で注目
窒素ガス発生装置と除菌フィルター

フクハラの窒素ガス発生装置「MAX N2窒素ガス発生装置」は、圧縮空気を原料として窒素ガスを発生する装置。食品パックのガス充填・包装やPETボトルへのガス充填、乾燥物の保存、ワイン・ビール・飲料貯蔵などの用途で豊富な納入実績を持っている。

同社では自社開発の除菌フィルター3点セット(スーパープレフィルター、活性炭フィルター、除菌フィルター)を窒素ガス発生装置の後段に設置することで衛生的なガス充填を可能にするクリーン窒素ガスライン(特許取得済)を提案しており、HACCP管理をサポートする高効率なシステムとしてプレゼンスを高めている。

食品・飲料の酸化防止や風味鮮度の保持、食品ロス削減につながることはもちろん、窒素ガスを自社生産することで、品質向上とコスト低減を両立できる点もメリット。

関連記事

  1. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  2. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  3. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー
  4. 酵素で各種アミノ酸、糖を迅速簡便に測定
  5. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  6. 無線通信最長2.5kmまでカバー 温湿度データロガー管理システム…
  7. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  8. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート

おすすめリンク先

PAGE TOP