関連トピックス

林原、岡山大学とSDGs産学パートナーシップに関する協定を締結

林原と岡山大学は、SDGs産学パートナーシップに関する協定書を締結し、8月19日に岡山大学にて調印式を行った。グローバル社会課題解決に資する新規技術の創出等を通じ、SDGs達成に貢献することを目的としたもの。

今後は、従来の共同研究の枠組みを超えたパートナーシップに基づき、SDGsの達成に資する新たな価値創造を図っていく。初期段階においては、双方の強みである医学・ヘルスケア領域、農学領域でのシナリオ策定及び新規技術創出に向け活動を進め、相互交流を通じた、次世代の人材育成も継続的に行っていく予定。

調印者(写真)
国立大学法人岡山大学 学長 槇野博史氏(左)
株式会社林原 代表取締役社長 安場直樹氏(右)

連携・協力に関する内容は
① 解決すべき社会課題の特定と解決シナリオの策定
② 特定された社会課題の解決に資する新規技術の創出
③ 人材育成に関する相互の推進及び支援

関連記事

  1. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…
  2. 物産フードサイエンス「愛知ブランド企業」に認定
  3. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  4. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  5. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設
  6. キユーピーの仙川キユーポート内の社員食堂が「健康な食事・食環境」…
  7. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  8. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

おすすめリンク先

PAGE TOP