関連トピックス

Isobionics社のバレンセン、日本国内で食品添加物として指定

BASF社の傘下であるオランダ・Isobionics社が生産するバイオテクノロジーベースのバレンセンが、日本国内市場向け食品添加物として初めて厚生労働省により指定され、8月28日付の官報で告示されたことが明らかとなった。

バレンセンおよびバレンセンを原料とするヌートカトンは、オレンジやグレープフルーツにも含まれている重要な成分で、日本国内の香料業界において需要が高い成分。Isobionicsは、独自の発酵技術でバレンセンやヌートカトンなどの柑橘系オイル成分を生産しており、季節的な要因に左右されることもないため、高品質で安定した製品を供給できる点に強みを持つ。海外においてIsobionicsの製品は、主に清涼飲料水などの飲料用フレーバーとして使用されている。

2020年3月31日の第778回食品安全委員会では、食品等評価書(案)「Rhodobacter sphaeroides 168株を利用して製造された香料バレンセン」が報告され、4月1日から30日までの1カ月間、パブリックコメント実施。それを受けて食安委がこの評価結果を厚生労働省に通知し、厚労省が安全性審査の手続を経た旨を官報掲載で公表した。今回の指定により、Isobionicsのバレンセンとヌートカトンが日本国内でも食品添加物として使用、商品化が可能になる。

開発したIsobionicsは、オランダのへレーンにあるバイオテクベースの香料原料会社であり、ヌートカトンやバレンセンなどの柑橘系オイル成分を中心に、香料業界市場向けの幅広い原料を開発・生産している。2019年にBASFが買収し、BASFのアロマイングリディエンツ事業の一部となった。

さらに、BASFのニュートリション & ヘルス事業本部では近年、酵素の研究と生産に特化したグローバル・ビジネス・ユニットを設立しており、食品、飼料、技術産業における天然加工助剤をはじめ、幅広いアプリケーションの原料として取組みを進めている。

関連記事

  1. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  2. ヒットする商品の開発、市場傾向や今後の食の変化などを探る講演会を…
  3. 健康食品市場の『免疫トレンド』とロンザのユニーク素材 <ロンザ/…
  4. スポーツニュートリション カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…
  5. 技術者のためのマネジメントに関する多角的な講演―油化学セミナー
  6. 神奈川歯科大学、ポリデキストロースの新機能を発見―腸内発酵により…
  7. SDGs対応とグローバル対応が業界の課題
    日包工賀詞交歓…
  8. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…

おすすめリンク先

PAGE TOP