関連トピックス

トコトリエノールやオメガ3配合製剤の血圧低下・炎症抑制の機能が明らかに

ExcelVite社製混合トコトリエノール製品「エヴァノール(EVNol®)」と、オメガ3、クルクミン、アスタキサンチンなどの組み合わせが、炎症と内皮反応性を相乗的に改善するという研究成果が明らかになった。

本研究は、エヴァノールとオメガ3、アスタキサンチンなどの組み合わせ製品「Freedom Softgels®」(米 Tischcon社製)を使った試験で、健常者の炎症マーカーと収縮期血圧を有意に低減するという結果を得ており、その結果はClinical Nutrition ESPENにて発表された。

試験は、Los Angeles Biomedical Research Institute at Harbor- UCLA Medical Centerで実施されたランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験で、80人の健常者(平均年齢:48.8±16.0歳)が、Freedom Softgels®またはプラセボを4週間摂取した。

Freedom Softgels®の構成成分は
カバクルクミン 500mg
オメガ3 675mg(EPA450mg、DHA100mg、その他オメガ3125mg)
アスタキサンチン 3mg
γ-リノレン酸  9.5 mg
混合トコトリエノール(EVNol®)12.5 mg
ヒドロキシチロソール 6.25 mg
ビタミンD3  1,000 IU
カリウム 12.75 mg

4週間摂取後の被験者の収縮期血圧は、プラセボ比で有意に低くなった。さらに摂取群では内皮機能の改善が上腕動脈の血流依存性血管拡張反応(bFMD)から明らかとなり、IL-6やhsCRPなどの炎症性バイオマーカーの有意な減少も認められた。

これらのことから、Freedom Softgels®は収縮期血圧の低下と、炎症を減少させ、内皮反応性を改善するのに役立つ可能性のあることが示唆された。これらは同品の相乗的な抗酸化作用と抗炎症作用に起因していると考えられている。

関連記事

  1. 「EHEDG」認証機関の早期承認を目指す
    日食工賀詞交歓会…
  2. イングレディオン、オンラインイベント「バーチャルトレードショー」…
  3. ケストースの多様な機能性―ハナバチ用飼料で発明奨励賞受賞
  4. 拡大する機能性表示のヘルスクレーム・健康寿命100年に向けて
  5. フレイルになる人は2年前に舌の動きが衰えていた―岡山大学の研究
  6. みょうばんの使用基準改正を官報告示
  7. 包装をめぐる環境対応に一層の重要性
    包装界合同新年会で藤…
  8. 来年2月19日に「TOREPAS FAIR 2020」開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP