食品素材の記事

風味にこだわった卵白素材を新発売

松田産業ではこれまで乾燥卵白粉のネックだった風味の悪さを特殊製法により改善し、さらに蛋白含量を高めた「Agriace™ EAP-MM」を発売した。

卵白にはBCAAが多く含まれ、人の体に利用されやすいアルブミンが50%以上含まれ、タンパク質の吸収率も高く利用率が高い、脂肪分が少ないなどタンパク源としては優秀だが、乾燥すると風味が悪くなり、これが乳や大豆の様にタンパク素材として広がらない理由と考えられる。

そこで同社ではサプライヤーと共同で風味劣化の原因を追求し工程を改善することにより、風味を大幅に改良することに成功した。それと同時にタンパク質含量も上げ、WPI並みの92.8%を実現。脂肪含量、ナトリウム含量は低減した。同社では今後タンパク源としての特徴や風味の良さをPRポイントとして紹介していく。

関連記事

  1. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  2. 結晶セルロース 旭化成、結晶セルロース「セオラス®」など値上げへ
  3. 加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始
  4. 東洋新薬、食品開発展にてSR完了のターミナリアベリリカやOEMを…
  5. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  6. 林原、液状・低分子で甘みのある水溶性食物繊維「テトラリング®」6…
  7. 数百名単位の被験者によるデータを有する乳酸菌製品
  8. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP