食品素材の記事

風味にこだわった卵白素材を新発売

松田産業ではこれまで乾燥卵白粉のネックだった風味の悪さを特殊製法により改善し、さらに蛋白含量を高めた「Agriace™ EAP-MM」を発売した。

卵白にはBCAAが多く含まれ、人の体に利用されやすいアルブミンが50%以上含まれ、タンパク質の吸収率も高く利用率が高い、脂肪分が少ないなどタンパク源としては優秀だが、乾燥すると風味が悪くなり、これが乳や大豆の様にタンパク素材として広がらない理由と考えられる。

そこで同社ではサプライヤーと共同で風味劣化の原因を追求し工程を改善することにより、風味を大幅に改良することに成功した。それと同時にタンパク質含量も上げ、WPI並みの92.8%を実現。脂肪含量、ナトリウム含量は低減した。同社では今後タンパク源としての特徴や風味の良さをPRポイントとして紹介していく。

関連記事

  1. 池田糖化工業、「甘草根エキスパウダー」を和漢食品向けに提案
  2. 食感・風味立ちそのままに 惣菜・調味料向け増粘剤製剤を上市
  3. 森永乳業の子会社であるドイツ・ミライ社、ラクトフェリン製造能力を…
  4. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  5. 吸収性の高さが評価されているミネラル(鉄)―クエン酸第一鉄ナトリ…
  6. ナノ型乳酸菌nEF®のノロウイルス感染防御作用を確認
  7. 巣ごもり需要で家庭用こめ油の市場が拡大
  8. ひよこ豆、緑豆、そら豆由来のたん白素材3品を上市

おすすめリンク先

PAGE TOP