食品素材の記事

ザクロ抽出物の腸内代謝物ウロリチン発売・細胞の再活性素材として提案

ダイセルではザクロ果皮から抽出したエラグ酸の腸内代謝物であるウロリチンA(製品名ウロリッチ(TM))の開発に成功、細胞を再活性化するウェルエイジング素材としてサンプルワークを開始した。

ザクロ抽出物の有効性としては、ザクロ抽出物中のエラグ酸が腸内細菌によりウロリチンに変換され、機能が発揮されることが判明しており、ウロリチンAの機能性としては細胞の恒常性を保ち、新陳代謝を促すオートファジーやサーチュイン遺伝子1の活性化などにより、細胞を再活性化することが報告されている。ウロリチンAはサーチュイン遺伝子の活性化により、肌関連では紫外線により損傷を受けたDNAを修復することで皮膚の老化を防ぐ可能性や、シミ、そばかすなどの原因となるメラニンの産生抑制などに期待できる。

同社は世界で初めて複合微生物系での発酵法を用いて代謝物であるウロリチンAの生産に成功し、今後独自の臨床試験も重ねながら市場開拓を行っていく。

関連記事

  1. 備前化成、高純度かつ安定性に優れたEPA素材「EPA70 BAP…
  2. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  3. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  4. 緑色ボイル野菜の変色抑制と日持ち向上を兼ね備えた新製剤を上市
  5. ホップの芳香、風味を強調できるエキスを開発
  6. 食品と開発3月号 記事紹介―改めて考えたい「クロレラ」
  7. 免疫賦活で期待高まる寿穀麹®
  8. デュポン、植物性食品・飲料向けの乳酸菌カルチャーを発売

おすすめリンク先

PAGE TOP