食品素材の記事

ザクロ抽出物の腸内代謝物ウロリチン発売・細胞の再活性素材として提案

ダイセルではザクロ果皮から抽出したエラグ酸の腸内代謝物であるウロリチンA(製品名ウロリッチ(TM))の開発に成功、細胞を再活性化するウェルエイジング素材としてサンプルワークを開始した。

ザクロ抽出物の有効性としては、ザクロ抽出物中のエラグ酸が腸内細菌によりウロリチンに変換され、機能が発揮されることが判明しており、ウロリチンAの機能性としては細胞の恒常性を保ち、新陳代謝を促すオートファジーやサーチュイン遺伝子1の活性化などにより、細胞を再活性化することが報告されている。ウロリチンAはサーチュイン遺伝子の活性化により、肌関連では紫外線により損傷を受けたDNAを修復することで皮膚の老化を防ぐ可能性や、シミ、そばかすなどの原因となるメラニンの産生抑制などに期待できる。

同社は世界で初めて複合微生物系での発酵法を用いて代謝物であるウロリチンAの生産に成功し、今後独自の臨床試験も重ねながら市場開拓を行っていく。

関連記事

  1. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…
  2. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…
  3. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始
  4. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  5. 新規フラボノイド-シクロデキストリン包接化合物のGRAS認証を取…
  6. オリザ油化、「アグアヘエキス」に不定愁訴改善作用を有する旨の特許…
  7. 加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売
  8. 南海化学、かに原料由来のグルコサミン塩酸塩に一本化し、事業体制強…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP