関連トピックス

林兼産業のエラスチン、血管の機能性表示で受理

林兼産業が販売するカツオ由来エラスチンペプチドを関与成分とするサプリメントがこのほど「血管の柔軟性」で機能性表示食品として受理された。

受理された機能性表示は「カツオ由来エラスチンペプチドには加齢とともに低下する血管の柔軟性(または血管のしなやかさ)維持に役立つ機能が報告されています」というもの。

血管の疾病は日本人の約5人に1人の死因にもなっており、血管の健康維持に関するニーズは高い。今後同社ではエラスチンペプチドの血管に関するSRを紹介し、拡販に努めていく。

関連記事

  1. IoTや計量制度改正に関する情報を提供
    食品メーカー関係…
  2. 三栄源エフ・エフ・アイ、日本果汁協会技術奨励賞を受賞
    「…
  3. BASF、第1回「Newtrition Health Innov…
  4. 食品開発展を振り返る―展示品・ブースの一部を紹介
  5. 食品と開発 ニュース 三菱ケミカル、傘下の三菱ケミカルフーズを統合
  6. 日本乾燥おから協会 記者発表会、乾燥おからの利用拡大を推進してい…
  7. デジタル・トランスフォーメーション(DX)の取り組みと活用事例の…
  8. 森永乳業、アラビアガムがビフィズス菌を増やす仕組みを解明(鹿児島…

おすすめリンク先

PAGE TOP