関連トピックス

林兼産業のエラスチン、血管の機能性表示で受理

林兼産業が販売するカツオ由来エラスチンペプチドを関与成分とするサプリメントがこのほど「血管の柔軟性」で機能性表示食品として受理された。

受理された機能性表示は「カツオ由来エラスチンペプチドには加齢とともに低下する血管の柔軟性(または血管のしなやかさ)維持に役立つ機能が報告されています」というもの。

血管の疾病は日本人の約5人に1人の死因にもなっており、血管の健康維持に関するニーズは高い。今後同社ではエラスチンペプチドの血管に関するSRを紹介し、拡販に努めていく。

関連記事

  1. 伊藤忠製糖、藤田医科大学にプレ・プロバイオティクス共同研究講座開…
  2. 食品添加物を不安に思うきっかけ「無添加表示」が第1位 食品安全委…
  3. 扶桑化学工業、CVCへの出資を発表
  4. キミカ、 第4回「ジャパンSDGsアワード」特別賞(SDGsパー…
  5. サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン、機能性表示で新たなヘルスクレーム…
  6. 東洋新薬、健康食品OEMに特化した新会社「東洋フーズ」設立
  7. 結晶セルロース 食事の最初に「めかぶ」を食べることでGLP-1(痩せホルモン)が…
  8. ATP・迅速検査研究会が10/17(木)に定例講演会を開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP