関連トピックス

林兼産業のエラスチン、血管の機能性表示で受理

林兼産業が販売するカツオ由来エラスチンペプチドを関与成分とするサプリメントがこのほど「血管の柔軟性」で機能性表示食品として受理された。

受理された機能性表示は「カツオ由来エラスチンペプチドには加齢とともに低下する血管の柔軟性(または血管のしなやかさ)維持に役立つ機能が報告されています」というもの。

血管の疾病は日本人の約5人に1人の死因にもなっており、血管の健康維持に関するニーズは高い。今後同社ではエラスチンペプチドの血管に関するSRを紹介し、拡販に努めていく。

関連記事

  1. たんぱく質やビタミンDの摂取量が焦点に
    厚生労働省、第3回…
  2. 豆乳 1-3月の豆乳類生産量が増加、新型コロナウイルスの影響による在宅…
  3. テート&ライル社、CPケルコ社の買収を発表
  4. ATP・迅速検査研究会オンラインセミナー「コロナ禍の衛生管理」配…
  5. 結晶セルロース 日本食品標準成分表2020年版(八訂)に関わる食品表示基準や分析…
  6. トレハロースシンポジウム、9月にハイブリッド開催
  7. DM三井製糖とサラヤが共同コンセプト商品として“砂糖+羅漢果”の…
  8. 健康博覧会、Care Show Japan 盛況裡に閉幕

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP