食品素材の記事

インスタントティーに使えるグリーンルイボスのエキス粉末

日研フードでは、インスタントティーなどに使えるグリーンルイボスのエキス粉末「グリーンルイボスExp」を紹介している。グリーンルイボスを熱水抽出したエキス粉末で、あっさりとした飲みやすい風味を呈する。

グリーンルイボスは、従来のルイボスティーのように発酵はしていない。そのため発酵することで消失してしまう栄養成分「アスパラチン」も含まれている。アスパラチンは強い抗酸化作用や血糖値上昇抑制などの機能を有することで注目されている成分。そのほかポリフェノールも含んでおり、その一方で、カフェインの量は極めて少ない。

例えば、グリーンルイボスExpの飲用濃度例を挙げると
0.25g/100㏄の場合の含有成分量は
アスパラチン 30.3mg
ポリフェノール 82.9mg
カフェイン1.1mg    (いずれも自社分析値)

一般的なルイボスティーよりもくせのない飲みやすい風味で、インスタントティーはもちろん、サプリメントにも利用できる。

関連記事

  1. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  2. 加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売
  3. スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ…
  4. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  5. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ
  6. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  7. コンビ、ヒト試験で殺菌乳酸菌EC-12が口臭を低下させたデータを…
  8. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催

おすすめリンク先

PAGE TOP