食品素材の記事

インスタントティーに使えるグリーンルイボスのエキス粉末

日研フードでは、インスタントティーなどに使えるグリーンルイボスのエキス粉末「グリーンルイボスExp」を紹介している。グリーンルイボスを熱水抽出したエキス粉末で、あっさりとした飲みやすい風味を呈する。

グリーンルイボスは、従来のルイボスティーのように発酵はしていない。そのため発酵することで消失してしまう栄養成分「アスパラチン」も含まれている。アスパラチンは強い抗酸化作用や血糖値上昇抑制などの機能を有することで注目されている成分。そのほかポリフェノールも含んでおり、その一方で、カフェインの量は極めて少ない。

例えば、グリーンルイボスExpの飲用濃度例を挙げると
0.25g/100㏄の場合の含有成分量は
アスパラチン 30.3mg
ポリフェノール 82.9mg
カフェイン1.1mg    (いずれも自社分析値)

一般的なルイボスティーよりもくせのない飲みやすい風味で、インスタントティーはもちろん、サプリメントにも利用できる。

関連記事

  1. MORESCO 三栄源エフ・エフ・アイ、WPIとキサンタンを用いた乳化技術を食品…
  2. ラティーナ、マカの食品利用拡大とミックス原料「南米パワー4」を提…
  3. 堅調な炭酸カルシウム、製剤提案も幅広く―白石カルシウム
  4. 甲陽ケミカル、グルコサミンを次世代のスポーツニュートリションに提…
  5. こんにゃく由来グルコシルセラミドの脳機能改善作用を検証
  6. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  7. 蝶理、高麗人参を美肌向け素材として提案
  8. 抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「P…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP