未分類

ゲル化・増粘安定剤の市場動向

飲料やデザート、レトルト食品、高齢者用食品などのアイテムが増加するにつれ、ゲル化・増粘安定剤は今まで以上に必要不可欠なものとなっている。独特な食感の追求や改良、経時変化防止、シェルフライフの確保など様々な用途で広がりを見せる。最近では、素材サプライヤーが提案する付加価値製剤やアプリケーションが最終製品の設計を左右することもある。
ゲル化剤としては既に市場に定着し品揃えが増えたチアパックゼリードリンクや多様化する消費者の嗜好にマッチした新食感デザートなどで需要が定着、安定剤としてはコンビニの米飯・パン・麺類・調理食品など近年のヒット食品の開発に欠かせないものとなっている。
本稿では、ゲル化・増粘安定剤に使用されている各素材の動向を探っていく。


<注目のサプライヤー>
伊那食品工業
ヴァイスハルト・インターナショナル
エアーグリーン
キミカ
研光通商
光洋商会
三栄源エフ・エフ・アイ
三栄薬品貿易
三晶
第一工業製薬
大日本住友製薬
武田キリン食品
ダニスコジャパン
中央フーズマテリアル
新田ゼラチン
ニッピ
日本製紙ケミカル
マリン・サイエンス
三井製糖
ユニテックフーズ
ルスロ

関連記事

  1. 【健康素材】大豆由来機能素材の市場動向
  2. 【支援技術】機能性食品製造をサポートする粉粒体技術
  3. 食品開発展、機能性・安全性の世界的な展示会として注目集める
  4. 変わる食品表示シリーズ7
  5. 骨対策の流れが変わる“骨質”に注目
  6. 【分析計測】最新のクロマト分離分析・質量分析技術
  7. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  8. 【市場動向】日持向上剤・保存料製剤の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP