未分類

最新の食品成分分析技術―公定法vs迅速・環境対応法―

原料の成分確認や製造工程の管理・製品の品質評価または栄養評価のための食品の成分分析は、高まる品質への要求と食品を取り巻く法規制の改正の中で、分析項目、頻度とも増えており、その重要性が年々高まっている。
わが国では、まだケルダール法やソックスレー法など公定法に則った分析技術が一般的だが、米国などではこのような環境改善ニーズが大きく、新しい分析法がAOACなどに取り入れられ、環境対応型の分析装置の導入が進んでいる。今後はわが国でも国際的な規格との整合性が求められることになりそうで、分析法にも新しい技術が取り入れられていくものと思われる。
本稿では、食品成分分析の公定法と迅速・環境対応法として紹介されている各社の食品成分分析装置についてみていく。


注目の関連企業
アクタック
アステック
オプトシリウス
京都電子工業
三紳工業
ジェイ・サイエンス・ラボ
静岡製機
住化分析センター
なかやま理化製作所
日本シイベルヘグナー
日本ビュッヒ
ビーエルテック
フォス・ジャパン
LECOジャパン
レッチェ

関連記事

  1. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ2
  2. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  3. CLOSE UP
  4. 【品質・安全】食品品質を左右する温度管理技術
  5. 海外開発トピックス
  6. 【7月号】日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  7. 【市場動向】消臭素材の開発と利用動向
  8. 【品質・安全】変わる食品表示と印字・記録関連技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP