バックナンバー

6月号特集 食品の事故・クレーム対策

食品事故における製品回収の考え方
  シーアンドエス(株)  伊藤 壽康、谷 壽一
現場からみえてきたクレーム対応
  石田紙器(株)  鹿島 隆成
苦情対応マネジメントシステムISO10002:2005導入について
  江崎グリコ(株) お客様相談センター  渡辺 俊光


<主な内容と見出し>
●食品事故における製品回収の考え方
  北米の情報も参考にしながら、製品回収を行う際の判断基準と、迅速かつ確実な製品回収を
  実現するための手順のあり方を中心に検討する。
    1.製品回収に対する企業の姿勢
    2.食品の製品回収の発生状況
    3.健康危害のクラス分類と回収の判断基準について
    4.製品回収の基本的なステップと必要な要素
    5.ポジティブリスト制度とケミカルハザードについて
●現場からみえてきたクレーム対応
    クレームはなぜ発生するのか? 
    一連の流れ解決のポイントについて
    クレーム発生原因について考える
    クレームはどのルートで寄せられたか
    入手ルート別の解決ポイントについて
    クレーム内容の詳細確認
    クレーム対策の立案
●苦情対応マネジメントシステムISO10002:2005導入について
    ISO10002とは
    グリコの取り組み(取り組んだ理由、苦労した点、運用)

関連記事

  1. 【2018年1月号・特集】食の安全管理への予測微生物学の利用
  2. 【2018年6月号・特集】栄養成分表示義務化を控え事業者が知って…
  3. 【2016年9月号・特集】天然物からの機能性素材開発
  4. 【2019年11月号・特集】新規食品資源開発とその利用
  5. 【10月号特集】これからの食品開発を考える
  6. 新しい食品乾燥技術
  7. 食品の安全対策と分析技術
  8. 【6月号特集】高機能食品をつくる粉粒体技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP