未分類

食品工場の清浄度向上・確認のための機器・資材

今日、食品の安全性、衛生管理の重要性が改めてクローズアップされる中で、製造施設全体の清浄度向上は今や社会的な要請になっている。食品業界ではHACCP導入を機に、食品の安全性について様々な機会を通じて議論されてきましたが、相次いで起こる食の安全性に関わる問題は、改めて安全性の重要性を浮き彫りにした。食品業界今まさに安全性確保の原点に立ち返りGMP整備が緊急課題になっている。本稿ではその核ともいえる清浄度向上・確認のための機器・資材について多角的な視点から考察するとともに、関連メーカーの最新動向を紹介する。


●食品工場の清浄度向上に貢献する
有力メーカー1

ダイダン
三洋昭和パネルシステム
小松電機産業
ミドリ安全エア・クオリティ
エア・ブラウン
GSIクレオス
日本カノマックス
トランステック
OEG

●食品工場の清浄度向上に貢献する
有力メーカー2

リオン
キッコーマン

関連記事

  1. 【市場動向】天然調味料市場の最新動向
  2. 【素材レポ】アガロオリゴ糖の関節炎抑制作用
  3. 【市場動向】メタボリックシンドローム対策とダイエット食品市場の現…
  4. クローズアップ
  5. 【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動…
  6. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向
  7. 牛乳で効率良いカルシウム補給を
    ―第48回メディアミルクセ…
  8. 【HACCP支援】食品工場用潤滑剤(油)の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP