未分類

メタボリックシンドロームとダイエット食品市場の現状

平成16年国民健康・栄養調査の結果、「40歳以上の男性の2人に1人がメタボリックシンドロームの危険性がある」という報告がなされた。ダイエット市場は若い女性の見た目重視の痩身願望など、女性中心で動いてきたマーケットであるが、メタボリックシンドロームの予防という意味において社会全体から注目される市場となってきている。
様々な素材の入れ替わりが激しい市場であるが、最近の流れはエビデンス・ベースの素材だ。一方では、食事代替食品が好調を続けている。
本稿では、メタボリックシンドロームに揺れる状況を踏まえながら、ダイエット素材の市場動向をみていく。


主なサプライヤー
一丸ファルコス
稲畑産業
オムニカ
オリザ油化
キッコーマン
研光通商
コグニスジャパン
三邦
シールド ラボ
清水化学
セティ
築野食品工業
ニチロ
日清オイリオグループ
日本シイベルヘグナー
マリーンバイオ
丸善製薬
マルハチ村松
ミツバ貿易
ラサンテ
リコム
龍泉堂

関連記事

  1. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向
  2. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ3
  3. CLOSE UP
  4. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始
  5. 【7月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(7)
    食品…
  6. 【1月号】簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  7. 購読者限定メルマガ、8月より開始!
  8. 【分析計測】顕微鏡とイメージングツールの開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP