未分類

品質トレーサビリティを支援する生産・情報管理、商品規格書作成システム

BSEの発生を契機として食の安全が改めて問われる中で、食品業界では原料調達から流通に至るまでの安全性の確保が社会的命題となっている。04年12月には流通段階を含むトレーサビリティが義務化され、食品業界では牛肉・生鮮食品から加工食品に至るまでのすべての食品分野でトレーサビリティシステムの導入が拡がっている。しかし、今日消費者が求めているのは、単に製造履歴の追求や商品情報ではなく、商品(食品)の安心・安全を担保する品質情報、すなわち品質トレーサビリティへと進化している。こうした中で、そのベースとなる生産・品質情報管理システムや、消費者のアカウンタビリティに対応した商品規格書(仕様書)作成システムへのニーズが一段と高まっている。
 本企画では、製造履歴の追跡から品質トレーサビリティへと進化したトレーサビリティシステムを支援する、生産・品質情報管理ソリューションおよび商品規格書関連システムの最新動向を紹介。


■食品業界の生産・品質管理に貢献するソリューション提供会社■
内田洋行
http://www.uchida.co.jp/
オムロン
http://www.fa.omron.co.jp/solution/food/index.html
JFEシステムズ
http://www.jfe-systems.com/
東京システムハウス
http://www.tsh-world.co.jp/tadors/
ブロード・システム・ソリューションズ
http://www.broadss.co.jp/

関連記事

  1. ユベリ博士の独創的ダイエット論<最終回>
  2. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  3. ●ウォルマート上陸のもたらすもの
  4. 【品質・安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  5. 【8月号】ロス削減と見直しが進む鮮度保持技術
  6. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始
  7. 【11月号】フレーバー 今年の注目点と2012年への提案
  8. 【10月号連載】■機能性食品開発のための知財戦略(10)

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP