未分類

除菌・脱臭用途で利用が進む光触媒技術

光触媒は日本発の独創技術で、日本が優位性を誇るナノテクノロジー分野の一つ。酸化チタン光触媒のナノ粒子をコーティングすることにより紫外線などが作用して抗菌・消臭・セルフクリーニング(防汚)・防曇などの効果を発揮する。業界が一体となって標準化に取り組んでおり、一昨年には光触媒に関する初のJISが制定されたほか、ISOによる国際標準化を目指した動きも始まっている。
本稿では、抗菌・消臭などのソリューションを提供する光触媒関連技術の動向を、抗菌塗料、脱臭装置、空気清浄機、水処理装置をはじめ光触媒フィルター、防汚フィルム・ガラス・タイルなど、各種応用製品のほか、光触媒による分析技術など注目のソリューションの紹介を通してみていく。


☆注目の企業
日本無機

関連記事

  1. 機能性表示食品の発売動向を追う(42)機能性表示食品の届出・受理…
  2. 「条件付トクホ」のハードルやいかに
  3. クローズアップ
  4. 【支援技術】食品の付加価値向上と環境対応で進化する分離・ろ過技術…
  5. CLOSE UP
  6. 【5月号】ビタミンの最新市場動向
  7. CLOSE UP
  8. 【新素材レポ】ポテト由来素材 Slendesta について

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP