関連トピックス

毎年3月9日は「SACの日」

備前化成は、3月9日を「SAC(サック)の日」として(一社)日本記念日協会に申請し、2023年2月6日に認定を受けたことを発表した。

SAC(S-アリルシステイン)とは、ニンニクに含まれる機能性成分の一つで、ニンニクにはごく微量しか存在しないが、熟成や発酵によって増加させることができる。機能性表示食品では「S-アリルシステイン」を関与成分として「一時的な精神的疲労感の軽減」などの機能性表示で商品が受理されている。

近年、各社がSACの健康機能性を訴求する食品素材(黒ニンニク、熟成ニンニク、発酵ニンニクなど)を開発しており、同社においてもSACの含量を大幅に増加させた「SACニンニク(R)」を開発。「SACニンニク(R)」のSAC含量は生ニンニクの約200倍という業界トップクラスの含量となっている。

「SACの日」の認定により、まずはSACへの興味や関心を喚起していく方針。併せて同社では、SAC関連の食品が利用しやすくなるような様々な取り組みを進めている。
※SAC研究会 https://sac-association.com/

関連記事

  1. 腸内細菌学会学術集会(6月)事前登録を開始
  2. グローバルにおける機能性食品の開発トレンドと、革新的なサービスと…
  3. 三菱ケミカルグループ、麹菌由来の代替肉を提供する米国スタートアッ…
  4. 【開催間近】マイクロバイオームに関する無料セミナー 8/24オン…
  5. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…
  6. DHA・EPA協議会、新会長は鷹谷公博氏
  7. 食品添加物公定書(第9版追補版1)を公表
  8. 来年2月19日に「TOREPAS FAIR 2020」開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP